新型コロナウイルスの影響に伴う今年度の活動について

新型コロナウイルスにより亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。また、被患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今年度の神奈川活動分析研究会の活動については、例年通り12月の研究大会開催に向けて準備を進めております。
しかし、新型コロナウイルスの猛威はまだまだ留まらず予断を許さない状況で、今後の見通しも不透明な状態です。
今後の詳細については、7月頃にホームページで再度お知らせ致しますので、よろしくお願い申し上げます。

神奈川活動分析研究会 事務局

Message From The President

当研究会は中枢神経障害を抱えるクライアントのリハビリテーションに携わるセラピスト(PTOTST)に対し、知識と技術を高め、よりよい治療を提供できることを目標にして活動しています。
 
一人で解決するには難しくても、仲間がいればできることがたくさんあります。クライアントの評価や治療に関するアイディアなど、お互いに情報交換し、時にはともに作り上げながら交流したいと考えています。
 
近年リハビリテーションの世界では盛んにエビデンスを問われ、もちろん必要な課題であり、使命でもあります。しかし、良いエビデンスを示すにはセラピストが実践する良い評価や治療が不可欠です。それがあって始めてエビデンスを語れるのではないでしょうか。
 
以上の趣旨に賛同していただけるセラピストの参加を望んでいます。
 
活動分析研究会神奈川会長
佐藤 靖伸